最初からカッコよく仕事ができるはずもないのに悩んだ新人時代

看護師 山田純司

中学生の頃、祖母が入院した時、何とかしてほしい、何とかしてあげたいと思ったことが看護師という仕事に関心を持ったきっかけです。その後、救命現場をテーマにしたテレビドラマを見たりしながら徐々に看護師になろうという気持ちになってきました。カッコいいはずの看護師のイメージでしたが、私の新人時代はイケてない看護師でした。提出すべき課題がこなせない、覚えることが多くてなかなか慣れることができない、入退院が多い病棟だったこともあり仕事に追われている状態でした。男性スタッフが私だけだったので、自分から気軽に相談することもできずに悩んでいました。幸いにして、同期の看護師がとても仲良くしてくれて、いろいろと相談に乗ってくれるようになり、仕事にも慣れ、徐々に仕事にやりがいも感じるようになりました。今、思えば、新人なのにカッコよく仕事ができるはずがないのですが、その頃はホントに悩んでいました。同期の仲間たちの存在は大きく、今もお互いを励まし支え合っている感じがいいですね。

いい仕事をし続けるために、「自分が無理をしない」を心掛ける

今、救急の仕事をしていますが、とてもやりがいのある仕事です。様々な患者さんを看ることができるという側面と、患者さんが様々なだけにその対応如何によっては大事に至るという怖さを感じるという側面があり、そういう状況の中一つ一つ丁寧且つスピーディに処置をし、良い方向に導いていくプレッシャーはやりがいを一層感じさせてくれます。私がこうして仕事をする上でこだわっていることは、決して無理をしないということです。例えば、無理を重ねると自分が壊れてしまい、休まなければならなくなります。それは、看護をする者がいなくなるということです。また、限界を超えて自分が仕事を抱えることで、結果的に周囲に迷惑をかけることにもなりかねません。いい仕事をし続けるために、自分が無理をせず、しかも限界を超える前にスタッフに正直に自分の状況を言っておくことを心掛けています。最近はもっと余裕を持とう、仕事を楽しもうという気持ちで仕事に取り組んでいます。余裕がないのにいい看護はできないと思います。

今、やるべきことを一つ一つ積み重ね、看護師を長く続けていきたい

未来については考えるのは難しいですね。私は今のところは、認定看護師や専門看護師の資格を取るといったキャリア形成も特に考えていません。それよりも、長く看護師を続けていけるように、今、自分ができることを積み重ねて、自分らしさを忘れずに看護していきたいです。自分が患者さんだったらどうしてほしい、家族だったらどうしてほしいという視点で接し、タオルが開けていたら掛けてあげる、口が汚れていたら拭いてあげる、磨いてあげる・・・ちょっとしたことですが、できない人に対してそういうことを大切にして関わっていく看護師であり続けたいと思っています。看護師の仕事の魅力・・・それは、不特定多数の人たちと関わることができ、しかも患者さんと家族にこんなにも密接に関わることができるってことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です