救急車が多く忙しい時ほど、サポートを頑張りたい

救急外来・看護助手
私たちの仕事で嬉しく、やりがいを感じるのは何と言っても患者さんに「ありがとう!」と言ってもらえた瞬間です。また、自分が休みだった次の日などに同僚である看護師さんに「いないと困るわ」と言われた時などはとても嬉しくてやる気が向上します。微力ではありますが、人のために役立てるこの仕事に巡り合えてよかったと思います。救急車が多く忙しい時ほど、医師や看護師のサポートが少しでもできるように頑張りたいと常々意識して取り組んでいます。以前、手術室で働いていました。そして、一度は退職したのですが、「人のために何か役に立ちたい」と思い、再度、この病院で働くことになりました。当時以上に日々やりがいを感じて働くことができています。現在、救急外来には、看護助手は私しかいないため、ちょっとした仕事の悩みに対しても、師長が気に掛けて下さり、私の話をしっかりと聞いて下さるので、働きやすい環境の中にいるという実感があります。また、看護師のみなさんもよく話かけてくださるし、話を聞いて、適切なアドバイスもくれるので助かっています。こんないい環境で働ける幸せを感じ、自身ももっとスキルアップし、定年までこの病院で働きたいと思います。