「まちの保健室」で子育ての相談・支援を行ってきました!

こころやからだの気になることや悩みを、看護職に気軽に相談できる場として、静岡県看護協会地区支部事業の「まちの保健室」があります。

今回、当院から2名の看護職(助産師・看護師)を藤枝地区交流センター 藤枝子ども広場に派遣し、子育ての相談・支援を行ってきました。

子供たちと一緒に遊びながら、お母さんの悩みや思いを「そうそう、わかる、わかる〜!」と語り合うことで、「私だけじゃないね、みんな同じだね。あ~少し気持ちが楽になった。」などの言葉が聞かれました。


また、当院で出産されたお母さんとも再開し、出産後の経過が良好か、育児で困っていることはないかなどの話をしながら、ワンポイントアドバイスをさせてもらう機会となりました。

子育ての悩みは成長とともにどんどん変化していきます。これからも、このような場面を活かして、お母さんの気持ちが少しでも軽くなり、明るい笑顔が増えるようなお手伝いができればと思います。