「藤の花かんかんネット」地域リンクナース伝達講習会

「藤の花かんかんネット」の地域リンクナースが、デイサービスで伝達講習会を行いました。

藤枝市の看看連携の取り組みとして、昨年度から地域リンクナースを育成しています。今年度は、藤枝市の病院、地域包括支援センター、老人施設等から選出された11名が地域リンクナースとして9月の育成研修に参加しました。テーマは、昨年度と同じ「ノロウィルス感染予防と対処方法」です。


地域リンクナースたちは、10月から11月にかけ市内の小規模高齢者施設で伝達講習会を行っています。デイサービスやグループホームなどで勤務する介護職や相談員等にむけて、感染対策で一番重要な「防護具の着脱方法」の演習を行いました。受講者は真剣にマスク・手袋・エプロンのつけ方と外し方を練習しました。


地域で働く看護師が地域リンクナースの活動を通して異なる施設に出向くことで、さらに連携の輪が広がっていると実感しています。今後も藤枝市の看護師が連携し医療・看護・介護の質の向上につながることを期待しています。