管理 のすべての投稿

患者さんやご家族の揺れる気持ちに触れ、看護師の仕事に意味を見出せるようになってきた

看護師 松浦千春
私は、小さい頃から人と接することが好きで、将来は人の役に立つ仕事をしたいと思い、中学生の頃から看護師になりたいと考えていました。はじめは准看護師として働き始め、手術室に配属になり、やりがいを感じる日々を過ごしていました。しかし、准看護師として勤務する中で、自分の知識やアセスメント力に限界を感じるようになり進学を決意しました。国家試験を経て看護師としてこの病院で働くようになり、病棟勤務の希望を叶えていただきましたが、これまでの経験を活かすことができず、業務に追われる毎日でした。しかし、患者さんと親身になって関わる先輩の姿をみて徐々に看護とは何かを考えられるようになりました。また、自分自身患者さんやご家族との関わりが増えていく中で、その揺れる気持ちに触れ、看護師としての仕事に意味を見出せるようになったと思います。例えば、患者さんは家に帰りたいが迷惑にならないだろうか、ご家族も帰ってきてほしいけれど、しっかりとケアできるだろうかと、お互いを思う気持ちと現実のジレンマの中で私たちの仕事があるのだと実感しています。問題なく自宅で療養生活を送るにはどうしたらいいか、生活背景、習慣、価値観などを鑑みながら一緒に考えることに張り合いがありますし、考えたことが上手くいくと喜びも増すので、この仕事は大変興味深いと感じています。

先を見据えたタイムリーな看護を提供し、少しでも不安を取り除くことができる看護師になりたい

私が看護をする上で大事にしていることは、先を見据えて、タイムリーな看護を提供していくことです。患者さんの病期は現在どの段階なのかをしっかりと理解できるだけでも、私たちの関わりひとつで患者さんへのケアは全く違ってきます。良くなっていくことも、悪くなっていく可能性もある中で、この後、どういうケアが必要になっていくかを考えながら、その時々に合わせた看護ができるように意識し、準備することが大事だと思っています。その中でも精神面で揺れる患者さんの気持ちに寄り添える看護を目指しています。例えば、終末期の患者さんには様々な思いがあると思いますが、そこには自身の病状に対する不安だけでなく、ご家族への気兼ねや遠慮があり、同時にご家族も患者さんとどのように接すればよいか悩むことがあると思います。以前、自宅退院を希望していた患者さんのオムツ交換の指導をご家族に行ったことがありました。その患者さんはオムツ交換を妻や子供にしてもらうことに抵抗を感じていたのですが、言うことができずにいたのです。その思いを汲み取ることができず、指導を開始してしまったことで関係が悪化してしまったということがありました。患者さんが早期に退院できれば自宅で過ごす時間も増えるだろうという自分の考えから指導をすすめてしまったことが、患者さんに不快な思いをさせたのだと気づきました。様々な思いがある中で、患者さんの置かれている状況を親身に考えることは必要だと思います。決して看護師本位ではなく、言葉に表さない患者さんの気持ちに寄り添った看護を提供していきたいと感じています。

退院調整をサポートし合えるようなチームワークを発揮していきたい

今後のチャレンジについては、明確な目標があるわけではありませが、現在呼吸器病棟に配属されていることや、呼吸サポートチーム活動に参加させていただいていることから、より専門的な知識を得て、自身の成長の機会にしていきたいという気持ちはあります。その中で、呼吸療法士の認定試験にもチャレンジしたいと思います。また、昨年度チームリーダーとして活動する中でスタッフ間での協力やチームとしての自分の役割を再認識することができました。新人の頃は退院調整をどのようにすすめればよいのかイメージがつかず、先輩から指摘されることが多かったのですが、指導する立場になったことで気づくことができるようになったと感じています。昨年度はメンバー間で患者さんに対するカンファレンスをする機会が多くあり、自分ひとりで気づかなかったことを他メンバーから情報共有してもらうことが多々ありました。今後は、退院調整だけでなく、メンバーひとりひとりが問題意識を持って、サポートし合えるようなチームワークを目指したいと思います。

医療的なことを自分で理解できるようになった

7B・看護助手
私たちは、笑顔で接することはもちろんのこと、患者様のプライバシーをしっかりと守ることを心掛けています。そして、日々、知識、技術の向上を目指し、看護助手として患者さんの為にできることを精一杯行い、一人でも多くの患者さんに元気になって帰って頂きたいという思いを持ちながら仕事に取り組んでいます。看護助手同士、お互いに声を掛けあい、意見を出し合い、看護助手の仕事の質向上に努めています。特に、分からないことや困ったことがあった時など、相談できる関係を持ち、常に相手を思いやる気持ちを日々感じながら仕事ができているのはとても有難いことと思っています。こうして、仕事をさせて頂く中で、ケア、入浴介助の後、「ありがとう」の一言がもらえたり、患者様が手術後、元気になり退院される時、外来に来られた時、元気な姿が見られた時は本当に「よかったなあ」という言葉がつい漏れてしまいます。また、この仕事に就いたことで、自宅にて義父母の介護の際、看護助手として業務で行っていることがすべて役に立ち、医療的なことをほんの少しでも自分で理解できるようになったことはとても良かったと実感しています。

一緒に働く仲間と共により良く生きていこう

6B・看護助手
患者さんから感謝された時、清拭やお世話をした時、気持ち良かったと言ってもらえた時、顔や名前を覚えていて下さり、次にお会いした時に声をかけてもらえること・・・この仕事をしてよかったことを言葉するには足りないくらいたくさんのシーンが目に浮かびます。看護助手の仕事をする上で、大切にしていることは、患者、院内のプライバシーを保守すること、そして、看護師の指示のもと、業務がスムーズに行えるよう心がけることです。こうした基本的なことが土台となって、結果的に、患者さんに適切な看護を提供できるのだと思います。だから、看護助手としての役割を理解し、自覚を持って業務にあたることを常に意識しています。そして、看護師と看護助手とがお互いの業務を理解し、コミュニケーションを図り、業務を達成していくことが大切だと思います。幸いにして、この部署では、看護師も看護助手も、お互い助け合って業務ができており、全員で頑張ろうという意識が高いのがいいところだと思います。この病院で働き、日常では経験できないことが経験でき、人の一生に関わるお手伝いができたことなど意味のある仕事に巡り合えました。そして、親の介護や将来の自分のイメージができ、一緒に働く仲間と共により良く生きていこうと思えたことが大きな活力になっています。

一緒に喜びを分かち合える仕事

NICU・看護助手
私たちの仕事は、命だけでなく、様々な事情を知る仕事なので、当然のことではあるが、仕事上で知り得たことなど個人情報等を口外しないことを最も大切なことと心に刻んで仕事に取り組んでいます。今の部署は、自分の子どもと同じくらいの世代の人、あるはさらに若い人ばかりですが、もう少し社会と関わっていたいという思いでいる私にとって、少しも疎外感を感じることなく一緒に働かせて頂いていることに感謝しています。だから、60歳を過ぎているからと決して甘えることなく、とにかく頼まれたことは後回しにせず、「忘れぬうちに」の思いで取り組むように努力しています。また、インシデントを出さないように、そして、他の人の業務に支障をきたすことのないようにということを日々の目標にしています。以前、病棟を移って3年位たった頃、院内で声を掛けられ、お礼を言われた事がありましたが、そんな風に、患者さんがお元気になられた姿を見ることができ、一緒に喜びを分かち合えるこの仕事に出会えたことはとても良かったと思っています。

たくさんの方から「ありがとう」という言葉

4B・看護助手
多くの患者さんが元気になって笑顔で退院されていく姿を見る時はいつも、一緒に仕事をしているメンバーとして嬉しい気持ちになります。病棟の環境づくり、物のある場所の整理や清潔に保つこと、迅速に行動することを日頃心掛けていますが、まだまだ出来ていないことはたくさんあると思うので、もっと頑張っていきたいと思います。そして、看護師に対して看護助手としてできる限りのサポート、保育士さんとも協力して出来ることのお手伝いなど、4Bの看護助手として何が出来るのか考えていきたいと思っています。師長はじめ、看護師も看護助手の仕事を手伝って下さって、本当にありがたく思っています。特に、患者さんに限らず、仲間も含めて、たくさんの方から「ありがとう」という言葉をかけてもらえることは働きがいを感じることが、この病院で働いて最もよかったことだと思います。

基本を大切にして、事故のない毎日の仕事

4A・看護助手
看護助手になって嬉しかったこと、なってよかったなあと思う瞬間は、なんと言っても患者様に「ありがとう」と言って頂けることです。常に、安心、安全を第一に、患者様に少しでも寄り添えるように心がけ、話を聞いたり、不安を訴える方とは、世間話などで気分を紛らわせたり・・・そんな日常の心がけが「ありがとう」のひと言で本当に意味のある仕事に感じるのは嬉しいことです。それも、職場の仲間が、親切で優しく、困った時には助けてくれますし、上司も細かく指導してくれるおかげで得られていると実感しています。スタッフが元気が良く、明るい職場なので、働きながらお互いが元気をもらえることもこの職場の日常の雰囲気だと思います。これからも、これまで同様、基本を大切にして、事故のないように毎日の仕事に取り組んでいきたいと思います。

心優しく理解のある上司なのでとても仕事がしやすい

ICU・看護助手
看護助手の仕事は、患者さんが退院してから元気な姿を見せに来てくれることが嬉しく、また、とてもやりがいを感じます。私たちが意識していることは、看護師が働きやすいように協力していくこと、そして、気持ちいい挨拶を心がけ、依頼された事に対し、正確に対応することです。上司や同僚とは、たとえ小さいことでも報告や相談をすることで、業務がスムーズに出来るよう努めています。この病院で働いてよかったことは、心優しく理解のある上司なのでとても仕事がしやすく、たいへんありがたいと思って仕事をしています。

地域リンクナースのフォローアップ研修会

「藤の花かんかんネット」の地域リンクナース育成事業は2年目となり、20名のリンクナースが誕生しています。地域リンクナースは市内の小規模高齢者施設へ、ノロウイルス等の感染予防と対処方法の知識と技術を届ける取り組みを行っています。
2年目になったこともあり、1月7日に、地域リンクナースを対象としたフォローアップ研修会「冬季の感染予防対策」を開催しました。
当院の感染管理認定看護師の講義により、一般的な感染予防対策の復習、感染性胃腸炎の復習、インフルエンザ対応について学びました。
静岡県中部地区のインフルエンザの流行状況が、警報にさしかかったタイムリーな時期だったこともあり、みな真剣に受講していました。

主任やスタッフが自発的に質の高い看護の実現を目指して取り組める環境を作ることが私の仕事

小児病棟
NICU
師長 佐野夕子

私は、小児病棟とNICUの師長を兼務しています。私のマネジメントに対する基本的な考え方は、権限を委譲していくことです。どちらの部署に対しても同じようなスタンスで接しています。ただ、その中で主任やスタッフが行き詰まったり、手に負えないことに関しては私が引き受けるようにしています。今年度主任となった小児病棟の主任は、小児科が初めての経験であるため、覚えなくてはならないこともたくさんあり、チームリーダーやベテランが補佐しながら、一緒に考えて取り組んでいます。NICUにとって小児科は後方病床でもあり、それぞれの部署が連携を密にとることは新生児にとってとても大切なことです。そのため、私が担当している二つの部署のスタッフ同士が助け合い、通じ合う関係をしっかりと作っていきたいと思っています。それを実現するキーマンは、主任です。主任同士が日常から問題意識を共有し、それぞれの事情も理解し合えるようにコミュニケーションを取り、それぞれの部署が自発的に、より質の高い看護の実現を目指して取り組んでほしいと思っています。私は、主任たちに委譲したことに対して責任をしっかり担い、主任が前向きに仕事に取り組む環境を作れるようにしていきたいと考えています。

病院にとってプラスになれば、どんなに些細なことでも意見が出しあえる「年代別カンファレンス」

小児科を任されるようになって5年が経ちますが、最初は少し閉鎖的な印象を持ちました。どんな組織でもそうですが、どんなに優秀なスタッフが揃っていても、変化が少ないとどうしても慣れが生じ、せっかくの能力を持て余すことはよくあることだと思います。そこで、私は、何でも言い合えて、お互いを尊重し合える風土にしたいと考えました。まず、スタッフたちがしたいこと、改善したいことなどの意見が言いやすいようにしようとしました。そういう風土を徐々に作りながら、昨年から病棟カンファレンスとは別に「年代別カンファレンス」を始めました。若手会、中堅会、ベテラン会、異動1年目会、臨時職員会・・・と。その中で、リーダーを決めて、病棟にとってプラスになることを話してほしいということだけお願いしました。同じシチュエーションの仲間同士で、できるだけ話しやすい状況を作り、具体的な意見を吸い上げ、どんな小さな意見も漏れないようにと実施しました。議事録を出してもらい、そこから出た意見をリーダー会で討議しました。私や主任たちがマネジメントに活かしていくことで、自分たちの意見を大切にされているんだ、自分たちで職場をよくしていくんだという風通しのいい職場にしたいと考えています。今年度は「職場風土をよくするために自分たちにできること」をテーマに話しあってもらいました。それぞれの年代でとらえる視点が違っていたり、私との個人面接では出ないような具体的な意見が聞かれるようになりました。年2回開催していますが、どんな意見がでるのかとても楽しみにしています。

一人一役。チームに主体的に貢献する役割を持ち、それぞれの強みを活かせるせる環境を作りたい

今後、チャレンジしたいことは、やはり人材育成です。一人一役づくりから始めていきたいと思います。それは、主任、リーダーといった役割、委員会の委員という役割というものに就かない人にも役割をつくるということです。わかりやすく言うと、新人にも役割を作るということです。一人一役、必ずチームに主体的に貢献するものを持ち、能力を意識的に向上させる環境を作っていきたいと思います。その時に、大事にしたいのは、それぞれの強みや得意分野をさらに伸ばすという考え方です。一人ひとり丁寧に面談をして、課せられた役割に対してポジティブに取り組んでもらえるようにしたいと思います。今年度は、学生指導者の育成、小児に対する退院支援教育、主任候補育成に取り組みたいと思います。

看護協会「まちの保健室」

看護協会の地区支部活動に「まちの保健室」があります。
「まちの保健室」では、地域住民の健康相談などを行っています。

これまでは高齢者を対象とした取り組みがほとんどでしたが、子育て世代にも支援が必要と考え、今年の3月より藤枝市児童課と協働して、藤枝市にある子育て支援センターに産科病棟助産師と小児病棟看護師2名を派遣しています。

11月13日は子育て支援センターあさひなで授乳や育児についての相談・支援を行いました。




子育て中のパパやママの悩みや困っていることを聞くことは、私たち助産師・看護師にとっても貴重な体験です。入院中の指導や説明に活かしていきたいと考えています。

今後も、子育て支援センター、BiViおやこ館、子育てフェスタなど様々なところで、支援活動を継続していきます。

「ジレンマの発表」を通じて、モヤモヤを引き出され、先輩のフォローに助けられた新人時代

看護師 水口美樹

私は子どもの頃は、身体が弱く、入院を経験したことがあります。その時、そこで働く人の姿を見て、医療に関わる仕事がしたいと思うようになりました。病気やけがをした人たちに関わり、何とかしようとしている姿勢に魅了されました。高校を卒業する時に、看護師になることに決めました。看護師イコール白衣の天使という優しいイメージを持っていましたが、新人の頃は、そんなイメージが吹き飛ぶくらい余裕のない状態でした。覚えることが多く、業務をこなすのに必死で、仕事に充実感を感じませんでした。つまり、看護をしている実感がなかったのです。それを如実に感じたのは、先輩の患者さんに対するケアを見ている時で、明らかに質が違い、その都度、もっといい看護がしたいと悩むばかりでした。ただ、それでも仕事を辞めたいとは思うことはありませんでした。それは、同期の仲間に悩みを打ち明けられることができたこと、みんなの悩みも聞くことができたことで励まされていたからだと思います。そして、職場のカンファレンスにおいても、「ジレンマの発表」をし、新人にできること、それは、経験年数がない分、一般の人の視点でものを見ることができ、看護師の仕事に素直に疑問をぶつけることだと先輩に言われ、それをすることで自分自身も看護の仕事を考えることができるようになりました。5,6年上の先輩がモヤモヤしていることを引き出して下さり、それを具体的な言葉にして頂き、丁寧なフォローのおかけで、看護師の仕事が徐々に楽しくなってきました。

患者さんが話したい時に話せるよう、向き合う時間を作り、気分のいい状態で過ごしてほしい

2年目、3年目にはどんどん看護師の仕事が楽しくなってきました。一つは、担当の患者さんに「ありがとう」と言ってもらえる機会が増えてきたことです。そして、患者さんの状況を踏まえて、医師に提案することができるようになったことです。そうこうするうちに、人事異動で、外科から消化器内科病棟に配属先が変わりました。やっと仕事が楽しくなってきたのに、また不安で悩み多い毎日が始まりの予感を感じました。しかし、消化器内科の患者さんはリピーターが多く、信頼関係が築けている人も多く、関係が深まり、それが看護に反映できるので、やりがいをたくさん感じることができます。私が最も大切にしていることは、患者さんやその家族としっかり話そうと意識して関わることです。例えば、病室では椅子に座って落ち着いて話すこと、時間があれば用がなくても話に行くといったことです。患者さんが話したい時に、可能な限りきちんとと向き合いたいというのが本音です。忙しくて業務に追われていることもありますが、できるだけ効率的に進め、向き合う時間を作ることを意識しています。初見の患者さんは関係が築けていないので、すぐには関係を深めることは難しいですが、それでも「元気になりましたね!」と声掛けをして、患者さんの不安を少しでも取り除き、気分のいい状態で入院生活を送っていただきたいと思って頑張っています。

「水口さん!」と呼んでもらえることが一生懸命やってきてよかったと思える瞬間

今後は、退院調整・支援をしっかり学びたいと考えています。訪問看護実習の時に、ある種のショックを受けました。患者さんにとって病院での生活は人生の一部であり、私のような人生経験の浅い人間がわかったような態度で指導をしているんではないかと自身の驕りを感じ、反省しました。委員会活動の一環で、訪問看護師と入院患者だった人のご自宅に同行しました。自宅で過ごすことは普通のことではあるが、疾患を持った人がそこで生活するのは想像以上に大変なことということを認識しました。ご家族は、それがどんな状態かをよくご存じです。私は、退院調整・支援に際しては、ご家族との情報交換、知恵の出し合いがとても大切だと感じました。自宅で生活するのはいいことだけれど、生活費などのお金のこと、ケアに関わるマンパワーのことなども勘案しながら、患者さんにとって適切な看護ができるようになりたいと思っています。一生懸命やっていると、「看護師さん!」ではなく、「水口さん!」と呼んでもらえるのですが、小さいことのようですが、とても嬉しい瞬間で、そんな瞬間が私の看護師生活の支えになっています。

「藤の花かんかんネット」地域リンクナース伝達講習会

「藤の花かんかんネット」の地域リンクナースが、デイサービスで伝達講習会を行いました。

藤枝市の看看連携の取り組みとして、昨年度から地域リンクナースを育成しています。今年度は、藤枝市の病院、地域包括支援センター、老人施設等から選出された11名が地域リンクナースとして9月の育成研修に参加しました。テーマは、昨年度と同じ「ノロウィルス感染予防と対処方法」です。


地域リンクナースたちは、10月から11月にかけ市内の小規模高齢者施設で伝達講習会を行っています。デイサービスやグループホームなどで勤務する介護職や相談員等にむけて、感染対策で一番重要な「防護具の着脱方法」の演習を行いました。受講者は真剣にマスク・手袋・エプロンのつけ方と外し方を練習しました。


地域で働く看護師が地域リンクナースの活動を通して異なる施設に出向くことで、さらに連携の輪が広がっていると実感しています。今後も藤枝市の看護師が連携し医療・看護・介護の質の向上につながることを期待しています。